地域の皆さん、企業の皆さん、ボランティアの皆さん
子どもたちに「生きる力」について語ってください! 
外部講師の「出前授業」をお待ちしています。



本文へスキップ

地域の力を子どもたちのために!〜横浜学校支援ネットワークの活動〜

出前授業をしませんか?HEADLINE

1、出前授業のねらい

 (1)子どもたちに「夢や希望・目標」を持たせたい。
 (2)「大人の魅力、活力、素晴らしさ」を教えたい。
 (3)「人生は素晴らしい」ことを教えたい。

2、話していただきたい内容

 (1)時代や社会の変化、世界の動き、日本の役割など。
 (2)変化の激しいグローバル社会で必要な「生きる力」(気力・体力・知力・人間力・社会性等)
 (3)働くことの大切さ(意義・楽しさ・苦しさなど)
 (4)ご自分の学生時代の夢、生活、活躍、目標などと、今の仕事を選んだ理由。
 (5)これまでの人生経験や仕事の中で、培ってきた知識や技能など (教科、スポーツ、安全、環境、福祉、経済活動、情報、国際理解、食育など)

3、事前の打ち合わせ

※事前に、学校長や担当の教師と十分な打ち合わせをして下さい。
 (1)話の内容について
 ・今回の授業の主旨や目的、期待することを確認する。
 (2)子どもたちの実態・状況について
 ・学校やクラスの様子、子どもたちの心理状態、特色ある児童・生徒などを聞いておく。
 (3)使用機器・使用教室
 ・使用教室、映像機器(パワーポイント、プロジェクター)ほか

4、魅力ある出前授業の一例(教室での授業形式の場合)

※教室での授業のおすすめ:子どもたちにとって一番安心感が持てるホームステージです。(体育館や会議室などで複数クラスの子どもたちに話す場合は若干異なります。
 (1)話の組み立て
  @「自己紹介」:自分や会社のこと、学生時代、成功談、失敗談、趣味や特技、最近の話題、仕事以外で熱中していることなど。
  A「本題」:前記2の「話していただきたい内容」学生時代に学んだこと、経験したこと(あそび、部活、友人関係、クラスや生徒会)は実社会でも役に立っていると、講義の中で話していただくと幸いです。
  B「話の時間」(1単位時間:小学校 45分 中学校50分)話は5分前に終わり、質問タイムや担当の先生からのコメントなどに当てましょう。
 (2)魅力ある講話のポイント 10ヶ条
  @はじめの「第一声」が特に重要 「声は大きく、迫力をもって」
  A専門用語は避け、できるだけ易しい言葉で
  B教壇に座って話すのではなく、時々、子どもたちの中に入り、反応を見ながら話す。
  C黒板は最高の武器として使う。(自分の名前やキーワードなどは黒板に書く。生徒は写すことで記憶に残る。)
  D話だけではなくクイズやゲーム、実験や作業などを取り入ながら進めて行く。(特に低学年)
  E小道具(製品、映像、衣装)などを活用し印象に残る工夫をする。
  F子どもたちや、その学校の話題を入れる。(できるだけ、その学校や子どもたちの良い点を探し、褒めて下さい。)
  G子どもたちの発言を引き出したり、話に子どもたちを参加させると盛り上がります。
  H担当の先生と連携を密にし、先生の出番の演出も効果的です。
  I失敗談は結構ですが、「学生時代にこんな悪さをした」などの事例は避ける。
 (3)先生との役割分担)
  @授業の主催者・責任者は先生。外部講師の方はゲストです。
  A担当の先生と役割を分担し、絶妙のコンビネーションで。
  B授業開始時の講師紹介や授業最後のまとめは、担任の先生にお願いする。
  C授業進行のサポートや子どもたちの掌握などは遠慮なく先生に相談する。
 
※学校での服装や言葉遣いなど教育的なご配慮をお願いします。

5、出前授業を登録して下さい

「こんな出前授業を提供したい」「こんな授業作りに協力したい」というものがあればお問い合わせ画面からメールでお問い合わせ下さい。(電話・FAXでも構いません)
その際このホームページの「活動内容」や「出前授業概要」を御覧になり参考にして下さい。
提供する授業メニューの作成のお手伝い、ネットワークニュースの制作・提供、学校・教育委員会への告知と案内は横浜学校支援ネットワークが行います。
登録から実施までの流れは「外部講師派遣の手順」を御覧下さい。

お問い合わせ


 横浜学校支援ネットワーク

231-0062
横浜市中区桜木町1156
みなとみらい21クリーンセンタービル5F
横浜市市民活動支援センター
レターケース
52

TEL 090-5441-9825
FAX 045-401-2609

メール y.gakkoushien@gmail.com